カテゴリー別アーカイブ: 未分類

リンベルの結婚引き出物宅配サービス

いとこのお姉さんが結婚することになりました。 姉のいない一人っ子の私を 本当の妹のように可愛がっていてくれていたので 結婚すると聞いた時は正直寂しい気持ちになりました。 でも実際に白いドレスに身を包んだお姉さんを見た時に 心から幸せになってほしいと素直な思いが溢れました。 旦那さんにも会いました。 とても人柄の良い方だとわかって、 安心して式に出席しました。 無事に式も終わって二次会に出席しようと思っていたら 引き出物を渡されました。 結構大きな紙袋に入っていて中身を想像すると食器か、 何かガラス製の割れ物のようでした。 二次会の会場が少し離れていることもあり、 私たち参加者は引き出物に気を使いつつ 移動しなければなりませんでした。 二次会も楽しかったけれど母と、 引き出物も嬉しいけど持って帰るのが大変だねと言いながら帰りました。 ある日ネットサーフィンをしていたら リンベルの結婚引き出物宅配サービスというものを見つけました。 ゲストや予算に合わせた引き出物にすることができて、 帰りもゲストが楽に、気持ちよく帰ることができる 素晴らしいサービスでした。 このサービスを利用すれば 新郎新婦の気配りを最後まで感じられると思います。 私がもし結婚することがあればこちらのサービスをぜひ活用したいです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

リンベル15000円コース

リンベルのプレゼンテージ・カタログギフトの 15000円コースのリビンググッズには ・トビルム スキャンビングのCDタワー ・トビルム スキャンビングのコンピューターデスク ・トビルム スキャンビングのシューズキャビネット ・トビルム スキャンビングのコーヒーテーブル ・トビルム スキャンビングの4段チェスト ・コンポーザのキャビネット ・コンポーザのデスク ・コンポーザのシューズキャビネット ・AVボード ・ローボード ・FAX台 ・シェルフ ・キャビネット ・電波掛け時計 ・総桐リビングボード ・スリムチェスト7段 ・総桐リビング5段チェスト ・リビングチェスト ・センターテーブル ・スクリーン ・突っ張りブックケース ・ガラステーブル ・ソファ ・インテリアラック ・籐テーブル ・脱衣かご ・アームチェア ・折りたたみ文机 ・焼き桐円卓 ・パソコンデスク ・メッシュバックチェア ・LEDアームライト ・シュレッダー ・スライドマガジンラック ・オープンラック などなど、欲しいグッズがたくさんあって、もらったら迷いますね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

枝雀の「いらちの愛宕詣り」

松鶴師匠のような「いらち」は、他人さんの後にボチボチついてゆくということが辛抱できんのですね。とにかく少しでも早く、少しでも無駄なく動きたい・・・という合理的精神なのでございます。もっとも、これはお弟子さんやとか身内の人が運転している時に限ります・・・。タクシーでもこれやらはったら、じきにおろされてしまいます。タクシーの時はおとなしゅう後ろのシートに座わらはって、じっと歯を食いしばって耐えておられるんやそうで・・・。 対しまして西の大関はと申しますと、うちの師匠、米朝でございます。こちらも相当な「いらち」です。ところが、楽屋入りはあまり早くありません。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カタログギフトの送料

いつも、いろいろなものを買ってくれている親戚のところに、 赤ちゃんが産まれました。 日ごろのお礼にと、洋服やおもちゃを買ってあげよう ということになりました。 いざ買おうと思うと、あれもこれも・・・と、 つい色々と買ってしまいます。 ダンボールに詰めようと思ったら、 結構大きな荷物になってしまいました。 これを、運送会社やゆうパックなどで頼むと、 結構な金額になります。 重さもあるし、大きさも大きいので。 たぶん一番安いところでも980円だそうです。 送料もバカにならないものですよね。 贈りものでカタログギフトを送ったり、受け取ったりしますが、 一定金額以上の注文すると、送料はかからないところも多いのです。 小さな冊子を送るだけだから、そんなに送料かからないし、 贈った相手に届けられる品物の送料は、 カタログギフト代金に含まれているのでお得な気がします。 送料がお得な贈りものだと思います。 贈られた人にとっても、 いろんな品物から選べるという点もいいところです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ウィンドウショッピングとカタログギフト [カタログギフト]

今日は天候が優れなくて大変です。 風が凄いんですよ。 外に出るのはちょっと控えた方がいいというのでネットサーフィンをしてました。 ネットを見ていると楽しいですね。 ウィンドウショッピングをするのと同じ感じで楽しんでできますから。 実物をさわるのは出来ないのがネックですけど、足が疲れずに色んなものがみられるのがいいですね。 カタログギフトのサイトを見ると、これがまた楽しいです。 グルメのところは美味しそうなところの商品がこれでもかとのっているので、楽しいんですよね。 普段はお高くて手に取らないものは、店でじっくり見たら買うのではないかと思われるのであんまり見れないものなんですよね。 どんなものなのか確かめるのにいいなぁって思います。 冊子でカタログギフトが置いてあるのが多いと思うのですが、ネットでも最近は電子書籍のようにみられるようになっているんですよ。 アップにしてみることもできるのでなかなかいいですよ。 カタログの料金による違いもじっくり見ることができるので面白いですよ。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

お歳暮のシーズンにカタログギフト

デパートに行くとお歳暮の見本品が沢山並んでいるところがあるんですよね。 売り場の一角を占めていて、パラパラと人が見に行っているんです。 気になっていってみたら、見てると思わず欲しくなってしまうのですが、やはり贈答用だけあって良いお値段です。 手頃な値段で素敵なプレゼントを贈りたい場合には、デパートの見本だけではなく、カタログギフトも確認して、中身が沢山あって選べると良いなぁって思います。 特に、沢山の方に送りたいけども、それぞれに選んでいる時間が無いっていう場合には、カタログギフトを送ってそれぞれが好きなものを好きな時に受け取れるようにするのも良い選択かなぁと思います。 年末は贈ったものが喜ばれると良いなぁと思うのですが、お歳暮はモノが勝ち愛気味です。 例えば年末に海外に行く人も多いですが、お正月いっぱい海外に行っているのに生モノが送られても困ってしまいます。 貰っても嬉しくないと思われると本末転倒ですから、よいものを送って、笑顔になるようなお歳暮にしておきたいですね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

意外と知らない、お中元のマナー

最近ではお中元やお歳暮という風習をやめようという社内通達が出るなど、 今まで当たり前だった贈り物の風習をなくして、 その分、仕事の効率化をあげようという試みもあるようです。 お中元がなくなったのは、主婦の私としてはうれしくもありますが、 反面社会全体でお中元の風習がなくなるのも、 ちょっとさみしいかもしれない?と複雑な気持ちになったりします。 お中元は日頃お世話になった方に感謝のしるしとして贈るものです。 あえてお中元がなくなりつつある今だからこそ、 お中元を贈ることによって「真面目さ」や「誠実さ」がアピールできる よい機会となるかもしれません。 今まで贈ったことのない会社の諸先輩方へのお中元、 一度試してみてもよいかもしれません。 ただし、あまり仰々しくお中元を贈るのは、慣れ親しんでいない方にとって 負担に思われることも多いものです。 そんなときは背広の内ポケットにすっきりおさまる封筒サイズの カタログギフトを使ってみてはいかがでしょうか。 懐にすっきり収まるコンパクトタイプのカタログギフトなので、 わざわざ宅配便などで送り届けなくても、ちょっとした休憩時間に さりげなく感謝の意とともに手渡すことができます。 また受け取ったほうも持ち運びしやすいため、 ありがた迷惑になることも避けられます。 ただし、あまりに下心見え見えの贈り物はかえって不評を招きますので、 あくまで感謝の気持ちを示したい、という場合に用いるのがよいでしょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

欲しいものと贈れるもの(満中陰志)

贈り物というのは状況に合わせて相手に贈ることが必要になると思いますから、場合によっては相手が欲しがっているものでもそれを贈ることが出来ないという場合もあると思います。 そういう場合などにも上手く利用出来るのが、カタログギフトではないでしょうか。 特に満中陰志のような仏事では、様々なしきたりに阻まれて、商品選びが難しいので カタログギフトは最適ですね。 それであれば何を贈るかどうかを商品で決めるのではなくカタログで決める事になりますから、場合によってはあまり状況にそぐわないものから、相手が喜ぶものまで色々と載っているはずです。 それらの中から選ぶので事情がありあまり贈ることの出来ないものから、普通のものまで自由に載っているものから選んでもらう事が出来るはずです。 何かと決まりを気にすると状況に合わせて贈らなければならないものが限られてきますが、そういった時にもカタログギフトは利用できます。 満中陰志のお返しでは、必ず満中陰志挨拶状を同封します。 喪主の手書きであれば申し分ないのですが、たくさんの挨拶状を書く事は難しいので 業者に委託します。 挨拶状には、仏教式であれば、七七日忌の日付や戒名を入れます。 業者任せにしないで、校正をすることが大事です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

相手の喜ぶものって?

贈り物をしたい場合はどうせなら相手に喜んでもらえるような物を贈りたいですよね。 結構贈り物による相手からのイメージというのは色々変わると思います。 「この人にはこんな物を貰ったから」そんな感じで、人のセンスなども問われる場合があるでしょう。 贈り物はセンスが問われると言われるからこそ、贈るものにも慎重になる人は居ると思いますが、だからと言ってやはり相手に何を贈ることが良いのかわから無い場合などに、カタログギフトなどを利用するのも一つの手だと思います。 相手の喜ぶものとは何なのか、成功する贈り物とは?皆さんの考えが上手くまとまるように、選べる幅は広いほうが良いですよね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

枝雀師匠の「うなぎや」

枝雀師匠の「うなぎや」 「おうおう、道頓堀川の、川の下りられるとこまで下りたんか」 「うー、下りられるとこまで下りたんや。「おおきにありがと、今日は本当にい ろいろと助かった、あっちこちおつきあいしてもらって、本当にありがとう、まあ 何もないが十分に飲んでもらいたいな一とこう言ったんで・・・ね」 「ほおー、(ふと気付き)なっなっなあ、えー?何やて」 「いや一何もないけど十分に飲んでもらいたい一ってこう言うんねん」 「ほおー、かき舟と違うねやろ」 「いえ、違いま。かき舟あそこです。下りるとこまで下りたんです、もう下りられま せん」 「何飲めちゅーねん」 「ですから私の、ま、目につくもので飲めるものと言えば、道頓堀川のそのー・・・」 「ようそんな・:。おい、「道頓堀で飲ましたる一ちゅうたんやろ」 「そうですねん。「道頓堀で飲ましたる一って言うたんですね。酒というような言葉 は一言も出なかったようですけどね」 「また徳さんにやられてんねん。いっぱい引っ掛けられてんねやないかい」 「さあ、わいかて、その時 しもたやられたな一と思ったけど、もう遅いがな」 「どないしたんや」 「あいつ、ちょいちょいあんなことしよんねん」 「そうや、どないしたんや」  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ