欲しいものと贈れるもの(満中陰志)

贈り物というのは状況に合わせて相手に贈ることが必要になると思いますから、場合によっては相手が欲しがっているものでもそれを贈ることが出来ないという場合もあると思います。

そういう場合などにも上手く利用出来るのが、カタログギフトではないでしょうか。

特に満中陰志のような仏事では、様々なしきたりに阻まれて、商品選びが難しいので

カタログギフトは最適ですね。

それであれば何を贈るかどうかを商品で決めるのではなくカタログで決める事になりますから、場合によってはあまり状況にそぐわないものから、相手が喜ぶものまで色々と載っているはずです。

それらの中から選ぶので事情がありあまり贈ることの出来ないものから、普通のものまで自由に載っているものから選んでもらう事が出来るはずです。

何かと決まりを気にすると状況に合わせて贈らなければならないものが限られてきますが、そういった時にもカタログギフトは利用できます。

満中陰志のお返しでは、必ず満中陰志挨拶状を同封します。

喪主の手書きであれば申し分ないのですが、たくさんの挨拶状を書く事は難しいので

業者に委託します。

挨拶状には、仏教式であれば、七七日忌の日付や戒名を入れます。

業者任せにしないで、校正をすることが大事です。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>