意外と知らない、お中元のマナー

最近ではお中元やお歳暮という風習をやめようという社内通達が出るなど、
今まで当たり前だった贈り物の風習をなくして、
その分、仕事の効率化をあげようという試みもあるようです。

お中元がなくなったのは、主婦の私としてはうれしくもありますが、
反面社会全体でお中元の風習がなくなるのも、
ちょっとさみしいかもしれない?と複雑な気持ちになったりします。
お中元は日頃お世話になった方に感謝のしるしとして贈るものです。

あえてお中元がなくなりつつある今だからこそ、
お中元を贈ることによって「真面目さ」や「誠実さ」がアピールできる
よい機会となるかもしれません。
今まで贈ったことのない会社の諸先輩方へのお中元、
一度試してみてもよいかもしれません。

ただし、あまり仰々しくお中元を贈るのは、慣れ親しんでいない方にとって
負担に思われることも多いものです。
そんなときは背広の内ポケットにすっきりおさまる封筒サイズの
カタログギフトを使ってみてはいかがでしょうか。

懐にすっきり収まるコンパクトタイプのカタログギフトなので、
わざわざ宅配便などで送り届けなくても、ちょっとした休憩時間に
さりげなく感謝の意とともに手渡すことができます。

また受け取ったほうも持ち運びしやすいため、
ありがた迷惑になることも避けられます。
ただし、あまりに下心見え見えの贈り物はかえって不評を招きますので、
あくまで感謝の気持ちを示したい、という場合に用いるのがよいでしょう。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>